東霧島神社

神社の紹介

東霧島神社社殿

神社由来

 東霧島神社は霧島六所権現の一つで「延喜式」に登場する霧島神社が当社であるといわれる古社であります。
 東霧島神社は霧島盆地・諸県地方を代表する奉斎山岳信仰の祈りの宮として祀られ、第五代孝昭天皇の御世に創建されたと伝えられる。
 その後、第六二代村上天皇の御世、応和三年(西暦九六三年)京都の人、天台宗の僧、性空上人が巡錫参篭し、噴火出土で消失し、埋没した神殿を再興されました。江戸時代になって東霧島大権現宮と唱えるようになりました。
 御祭神は建国の祖とたたえられる伊弉諾尊(イザナギのミコト)を主祭神として地神五代の天照大御神より神武天皇に至る皇祖を合祀し、ご神宝十握の剣を御奉斎申し上げております。
 御祭神は日本国土を産み給うた父で、国造りの神・国家の御守護はもちろん、広く農・工・商すべての開運・福寿・治病・航海・縁結び・安産など世の中の幸福を増進することを計られました人間生活の守護神であらせられます。
 特に、霊界の主宰人としてのご霊威は最も高く、古来より式内名社として尊崇されているほか、中世よりは厄除開運の霊験あらたかなる権現様と親しく呼ばれているほど、根強い庶民信仰の代表的な神社であります。

石階段

石階段入り口

東霧島神社拝殿

東霧島拝殿

ご祈願・ご神徳

人生儀礼 初宮参り・七五三・七草参り・入学・卒業・成人式・神前結婚式・厄・還暦・祝年祓
出張祭典
※御予約をお願い致します。
地鎮祭・上棟祭・竣工祭・家屋解体祓・事務所開祭・安全祈願祭・新築家祓い
ご祈祷・ご供養 社頭祈願
(一般・個人)
安全祈願・初宮詣・七五三詣・七草詣・家内安全・出世開運・徐災招福・厄祓・身体健全・延命長寿・旅行安全・車祓・交通安全・商売繁盛・学業成就・試験合格・必勝祈願・就職祈願
※上記以外のご祈祷も受付けております
社頭祈願
(団体・法人・会社)
社運隆昌・商売繁盛・事業繁栄・創立記念・工事安全・作業安全
※上記以外のご祈祷も受付けております。
祖先のおまつり (神葬祭・霊前祭・納骨祭・年忌祭・年命日祭の御奉仕)

※詳しくは社務所までお問い合わせください。

東霧島神社拝殿

東霧島神社の場所

Copyright(C) 2018 tsumakirishimajinja All rights reserved